私が個別指導学習を選んだ理由

中学校3年生の夏から、個別指導学習塾に通い始めました。

集団学習だと自分のわからないところがあってもすぐに質問することができず、
学校の授業と同じになってしまうと感じたので両親に個別指導学習塾に通わせてほしいとお願いしました。

集団学習塾と違い、進行は遅かったですが理解度はとても高かったように思います。

また、決まったテキストもありませんでしたので、学校での資料や問題集、
志望高校の問題集などを徹底的に解いていくようなスタイルでした。

私は私立高校への入学を目指していたので、面接対策や問題の出題にも偏りがあり、
学校の授業だけではリカバーできなかったのでとてもありがたかったです。

その反面、デメリットとしては先生と仲が良くなりすぎてお喋りをしてしまい、
授業時間があっという間に過ぎてしまうことぐらいでした。
年上のお姉さんができたように思い、当時の彼氏の話や先生の大学の話などいろいろ教えてもらいました。

隣の席の女の子は、無理やり塾に入れられたようで化粧品や手帳を開いて遊んでたことも衝撃でした。
ですが、彼女の担当の先生は無理に勉強させることはなく話を聞き、
時には一緒に化粧品の話をして彼女に歩み寄っていました。

反抗的だったのは最初の2週間ほどで、次第に自分からテキストを開くようになっていて驚きました。
学力だけでなく、勉強への関心にもバラつきがある生徒をみんな志望校に
合格できるよう目標に向かわせていく塾の方針は私にはピッタリ合っていました。

しかし中には、周りに影響されないと自発的に動けない友達もいて、
そういう子は個別指導学習塾にはあまり向いていなかったように思います。

集団での学習向きな子、個別でのマンツーマン指導で学力が伸びる子とさまざまでした。
また、自習室を貸してもらえるので集中したいときにはそちらを利用していました。
授業をとるには料金がかかりますが、自習室の利用は無料でしたので積極的に通っていました。

私の地元である本牧の個別指導塾でおすすめなのは、
先生一人に生徒は2人までの完全個別指導を売りにしている
本牧の個別指導塾アイアルファです。
カリキュラムはすべて一人ひとりの生徒に合わせたオーダーメイドで、
月に一度保護者との面談を実施するので問題点を即座に洗い出し、解決できます。